愛知県名古屋市金山の公認会計士・税理士なら山田会計事務所愛知県名古屋市金山の公認会計士・税理士なら山田会計事務所の「自社での給与計算及び勤怠型クラウド勤怠システムの導入のおススメ」のページです。

tel.052-339-2870 (平日9:00~18:00)
お問い合わせ

コラム・ニュース
COLUMN / NEWS

自社での給与計算及び勤怠型クラウド勤怠システムの導入のおススメ

COLUMN
2019.10.24

月次決算早期化には給与計算がネック?

月次決算の早期化をこころみた場合、給与計算の計算タイミングがネックになることがあります。
例えば、月次決算を翌月の中頃に完成させたいと思っても、給与計算の計算結果が出るのが翌月20日ごろでは月次決算の締めの月の中ごろにはそもそも間に合いません。
そういった場合は給与の数値は概算で計算して試算表を作成させるか、給与計算の確定数値のアウトプットのタイミングを月の中ごろの試算表作成までに間に合うように早めるかのどちらかになるかと思います。。
試算表の数値の精度のことを考えると概算数値を使うよりは確定値の方がよいと思いますので、給与計算の計算結果を出すのを速めて確定数値を使用することが出来ればそれにこしたことはありません。

給与計算を早期化するには?

給与の計算結果が出てくるのは特に社会保険労務士さんなどに給与計算を依頼していると計算結果を入手するの書類や数字のやり取りのタイムラグが生じます
そこで、山田会計事務所では可能であれば、給与計算も自社内で行うことをおススメしています。
freeeやマネ―フォワード会計などのクラウド会計に連動した給与ソフト(システム)(人事労務freeeやマネーフォワードのクラウド給与など)であれば所得税や雇用保険料の数値など自動計算してくれますし、勤怠管理システムも合わせて利用すれば時間計算なども自動で行ってくれますので、自社で初めて給与計算するにしてもそんなに負担なく移行できると思います。
また、山田会計事務所では人事労務freeeやマネーフォワードのクラウド給与の導入支援なども行っております。もちろん導入費用は無料です。
仮に概算計上するとなった場合でも、人事労務freeeやマネーフォワードのクラウド給与など自社で計算内容を把握していれば社労士さんに頼んでいる場合よりも、精度の高い概算数字を早めに把握することができると思います。

勤怠型クラウド勤怠システムの導入のおススメ

給与計算の時間がかかるところは正社員の残業代計算のために時間計算やアルバイト・パートさんの時間計算だと思います。タイムカードを打刻して使っている場合だとそれらを集計して計算しなければいけません。しかしながら勤怠ソフト(システム)を使えばそれらの集計を自動で行ってくれます。入社・退社時間を集計する方法としてはパソコン入力やスマホ入力、専用の機械の導入など様々ありますが、おススメはパソコンにカードリーダー(3,4000円ぐらい)をつなげて、名古屋ではマナカなどの交通系カードでタッチして入社・退社時間を登録するという方法です。山田会計事務所ではこの方法で入社・退社などの時間を管理・集計しています。
勤怠システムに関してはクラウド型の「ジョブカン」や「KING OF TIME]などがおすすめです。人事労務freeeは「KING OF TIME]とAPI連携していますが、「ジョブカン」とはAPI連携ではなく、CSVデータのエクスポート・インポートによって取り込みます。一方、マネーフォワード給与は「ジョブカン」及び「KING OF TIME]とはAPI連携しています。